お知らせ

お知らせ

ホーム > お知らせ

こちらでは、ミノル電気工業より皆様にお伝えしたい情報をご案内いたします。 随時改正される消防法の最新情報や業界内のニュースなど、さまざまな情報を掲載いたします。ぜひ、ご確認ください。

大切な方や家族、勤務先などで安否確認の方法について決めてありますか?

鉄道などの公共機関が運転を停止すると過去の事例から徒歩で帰宅する人が道路に溢れました。また、携帯電話を使用する人が多くなったことにより、通話規制が行われ、携帯電話がかかりにくくなりました。現在では災害用伝言ダイヤル(171)や携帯電話用災害用伝言板があります。またソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)などもありますので、どの手段を使うか日頃から話し合って決めておくことが大切です。

また、復旧に時間が要することが考えられますので自宅や事業所に概ね3日分の飲料水・食料・簡易トイレ・毛布等は備えておきましょう。

参考資料 東京消防庁

火災を防ごう

近年起こりえる住宅(店舗、オフィス)火災例

電気機器

コンセントとプラグのすき間にほこりや湿気が溜まることなどで発生するトラッキング火災。

  • 普段挿したままにしているコンセントとプラグも抜き、ほこりを払うなどの掃除をしましよう。

ガステーブル

過熱防止装置付きのガステーブルが普及していますが、依然火災が多い理由は調理中に火をかけたままそばを離れてしまっているからです。

  • 火を点けたら消すまで離れないようにしましょう。

こんろ

  • 点火・消火を必ず確かめる
  • そで口や体が火に触れないように注意する
  • その場を離れるときは、必ず火を消す

たばこ

  • 寝たばこは絶対にしない
  • 灰皿は水を入れて使う
  • 就寝前には吸い殻の確認をする

暖房器具

  • 燃えやすいものは近くに置かない
  • 外出・就寝前には火を消す
  • ストーブの上には洗濯物を干さない

参考資料)東京消防庁

PAGE TOP


有限会社ミノル電気工業 ホーム サイトマップ