防排煙設備

防排煙設備

火災で発生する煙は、予想以上に早くかつ広範囲に広がるため、迅速・適切な排煙作業が被害拡大の防止に繋がります。こちらでは、防排煙設備が連携して排煙をおこなうシステムについてご紹介します。

防排煙設備とは

防排煙設備は、火災が発生した際に煙の拡散を防ぎ、関連する防火戸、シャッターなどを連動させ、建物内の人の避難、および煙による二次災害を防ぐ設備群です。

■防排煙設備 基本システム

火災発生
  1.  → 煙感知器
  2. 連動制御盤
  3. 自動閉鎖装置
  4.  → 排煙口開放函
  5. 排煙機
  6.  → ダンパ

煙感知器

煙感知器

煙感知器は、防排煙設備のスターターです。
火災による煙が居室などの空間に充満すると、天上に設置されている煙感知器のセンサーが反応します。この信号は連動制御盤に伝達され、防排煙をおこなうための一連の設備の稼動が始まります。

煙感知器には光電式(スポット型)、イオン式(スポット型)があります。光電式は煙が光をさえぎることにより反応し、イオン式は煙によるイオン変化で反応します。
なお、煙感知器は天上から突出した露出型、天上に埋め込んだ埋め込み型があります。

連動制御盤

連動制御盤

連動制御盤は、煙感知器が感知した情報を受けて、建物内の煙の拡散を防ぐ司令塔です。
連動制御盤は緊急時に防災担当者がすぐに出動できるよう、常時、人がいる管理人室、守衛室、防災センターなどに設置されます。

自動閉鎖装置

自動閉鎖装置

自動閉鎖装置は、火災発生エリアの隔離を目的とした、自動で防火戸を閉鎖する装置です。
連動制御盤は火災による煙を感知すると、そのエリアの防火戸を閉鎖して火災の拡大を防ぎます。この防火戸を閉鎖するのが自動閉鎖装置です。

廊下や通路など、その空間が避難経路になっている場合もあるため、自動閉鎖装置によって閉じられた防火戸は手動で開閉することが可能です。
なお、自動閉鎖装置にはシャッター用とドア用があります。

排煙口開放函

排煙口開放函

排煙口開放函は、火災で発生した煙を屋外に排気する起動押しボタンです。
火災が発生したエリアに煙が充満すると、避難や消火活動を妨げます。そのため、避難経路や消火活動をおこなうエリアでは、排煙口開放函の中にある押しボタンを手動で稼動させ、煙を排気しなければなりません。

排煙口開放函には、ボタン式とレバー(ワイヤー)式があります。設置高は人が操作しやすい高さに設定します。

排煙機

排煙機

排煙機は、火災で発生した煙を排除するための装置です。屋上などの屋外に設置されています。 建物内の有害な煙の充満を防ぐため、手動で排煙口開放函の押しボタンを押すことによりとダクトの排煙口が開放され、排煙機が自動で起動します。

ダンパ

ダンパは、空調用ダクトを閉鎖するための装置です。 ダクト内を通しての火災の熱風による延焼を防ぎます。自動火災報知設備との連動が多い。

防排煙設備設置・施工サービス内容

【Case.1】某社工場への設置

施設規模 延べ床面積 20,000m2 施工期間 約4カ月
備考 当該施設の竣工に合わせ、設計の段階から防排煙設備設置・施工に携わりました。

【Case.2】某社ビルへの設置

施設規模 延べ床面積
約36,000m2、15階建て
施工期間 約12カ月
備考 当該施設の竣工に合わせ、設計の段階から防排煙設備設置・施工に携わりました。

有限会社ミノル電気工業   受付時間 9:00〜18:00 日曜定休

消防設備の点検・設置施工のことなら、ミノル電気工業にお気軽にお問い合わせください! TEL:03-3703-1838 FAX:03-3703-2861
お問い合わせ・お見積り

PAGE TOP


有限会社ミノル電気工業 ホーム サイトマップ