消防設備点検の流れ

消防設備点検の流れ

ホーム > 消防設備点検 > 消防設備点検の流れ

ご契約から点検完了まで、消防設備点検には以下のような作業がともないます。ミノル電気工業では、消防設備の点検だけでなく、修理もできる有資格者がおりますので、消防設備に万一不備が見つかっても、スピーディかつ的確に対応いたします。

消防設備点検フロー

保守点検契約

保守点検契約

お問い合わせの際にお客様からおうかがいする点検対象をベースに、お見積りを作成いたします。 お見積り内容をご確認いただきましたら、ご契約となります。

※ お見積りは無料です

消防設備点検のお見積り

1.事前打ち合わせ

1.事前打ち合わせ

消防設備点検の実施日時や対象となる設備ごとに、点検作業の打ち合わせをおこないます。
消防設備点検に一定の条件がある施設(病院や学校など)は、点検実施時間や実施方法などについて取り決めます。

2.作業案内の配布

2.作業案内の配布

消防設備点検作業の案内通知を作成します。作成したご案内は対象施設へ掲示するとともに、必要に応じて近隣への周知を徹底いたします。

※ 案内通知は消防設備点検の日時や作業内容などを記載しています

※ 点検対象となる建物内のテナントや関係者に配布いたします

3.点検作業の実施

3.点検作業の実施

消防設備点検資格を持つ専門技術者が、消防設備点検をおこないます。
対象施設の規模や消防設備の種類、点検実施人数にもよりますが、小規模施設で2〜3時間程度、大規模施設で10日前後で点検作業を完了いたします。

4.報告書の作成およびお客様への提出

4.報告書の作成およびお客様への提出

実施した消防設備点検の作業内訳をまとめ、「消防用設備点検結果報告書」を作成し、お客様にご提出します。
その際、消防設備点検で不具合が発覚した場合は、当該設備の状況をお客様に詳しくご説明いたします。

5.不具合の改善のご提案/工事

5.不具合の改善のご提案/工事

不具合が発覚した設備については、改善のご提案をさせていただきます。
あらためて作成したお見積りにご了承いただきましたら、改善工事をおこないます。当社では点検だけでなく、修理・維持・管理においても専門の有資格者が対応いたします。

6.消防署への報告書の提出

6.消防署への報告書の提出

不具合がなかった場合、または不具合の改善後、当社にて「消防用設備点検結果報告書」を当該施設が所在する所轄消防署へ提出代行をいたします。
「消防用設備点検結果報告書」の提出義務は、特定防火対象物は毎年1回、その他の防火対象物は3年に1回です。

7.完了

消防設備点検は終了です。

消防設備点検の注意事項

近年、消防設備の性能が格段に進歩した結果、消防設備点検のため一時的に電源やベル音量などを落としても、点検後、自動的に復旧する機能が付いています。逆に、自動復旧機能が付いていない古いタイプの消防設備では、必ず手動で復旧させる必要があります。

なお、消防設備の周囲はつねに整理・整頓をお心掛けてください。

PAGE TOP


有限会社ミノル電気工業 ホーム サイトマップ